愛知県 > 史跡・散策コース・お花見・穴場スポット

愛知県 周辺

町コミトップ > 愛知県 > お出かけ&町スポット > 史跡・散策コース・お花見・穴場スポット


     

- 愛知県 周辺 -
史跡・散策コース・お花見・穴場スポット  sary_s

記事一覧
先日、レオパレスパートナーズ三河豊田店に行ったら3月末日で閉店になってた。もう豊田店しかないんだね。...
〔 2013-04-08 23:08:40   〕
町の歴史・史跡巡り、みどころなど 博物館明治村を舞台に、本格的謎解き宝探し!「探検2013」が開催!!≪会場≫博物館明治村≪イベント日時≫●2013年2月...
参考リンク:【探検2013】
〔 2012-11-20 17:56:01   〕
区画整理事業により新しく「乙川公園」ができました。約1haのまあまあの広さの公園です。そのわきに流れる稗田川沿いのお散歩...
〔 2011-05-11 11:17:28   〕
乾坤院(けんこんいん)は、徳川家康の母・於大の方が供養されている曹洞宗の寺院です。この隣が於大公園となっており、東浦町民...
〔 2010-10-31 11:44:19   〕
雁宿公園は、半田市街地が一望できる少し高台にあり、園内は春になると桜がきれいに咲き誇り、花見の名所でもあります。公園内に...
参考リンク:雁宿公園
〔 2010-10-20 17:32:41   〕
セントレア中部国際空港ターミナルの屋外の庭に、開港当時に支援した地元の人の名前が書かれた陶板が敷き詰められていることをも...
〔 2010-10-19 20:22:56   〕
小牧山は、かつて織田信長の居城・小牧城があったところですが、今では公園になっており、桜の名所でもあります。...
〔 2010-10-19 18:16:47   〕
太平洋戦争中は中島飛行機製作所があったところ(その後輸送機工業の工場、現在は更地になっている)。戦時中はここで、艦上攻撃...
〔 2010-10-15 19:57:58   〕
「上池・七本木池」にはこれからの寒い時期にかけて、鴨などの渡り鳥が飛来してきます。付近の住宅地開発などで、昔ほど数は多く...
〔 2010-10-15 19:44:41   〕
「天龍山常楽寺」は、国指定重要文化財の阿弥陀如来立像をはじめ、数々の文化財を持ち、徳川家康が3度訪れたことがあるという徳...
参考リンク:天龍山常楽寺
〔 2010-10-15 19:16:21   〕
童話「ごんぎつね」の作家・新美南吉の養家はこちらです。いっしょに「南吉記念館」や「生家」も同じ地域にあるので、南吉の書い...
参考リンク:新美南吉の養家
〔 2010-10-13 19:34:06   〕
童話「ごんぎつね」の作家・新美南吉の生家はこちらです。いっしょに「南吉記念館」や「養家」も同じ地域にあるので、南吉の書い...
参考リンク:新美南吉の生家
〔 2010-10-13 19:28:25   〕
「半田運河」は昔ながらの蔵と運河の風景が残っていて、散策するには良い雰囲気です。周りがミツカン酢の蔵に囲まれて、酢のかお...
参考リンク:半田運河
〔 2010-10-12 14:44:49   〕
国の登録有形文化財である「小栗家住宅」は明治時代に建てられた寄棟造りの昔の店舗住宅ですが、現在は半田市観光協会の事務所と...
〔 2010-10-12 12:39:28   〕
JR武豊線「半田駅」の駅舎からホームにかかる跨線橋(ブリッジ)は、日本最古のものと言われています。確かに幅が狭く、ラッシ...
参考リンク:JR半田駅跨線橋
〔 2010-10-10 10:01:23   〕
日本を代表する童話作家・新美南吉の故郷・岩滑(やなべ)に作られた記念館。2010年には、天皇皇后両陛下も来訪。近くには、...
参考リンク:新美南吉記念館
〔 2010-10-10 09:48:39   〕
JR武豊線「亀崎駅」は、日本最古の現役駅舎。明治19年(1886年)の武豊線開業以来の駅です。今では大府・名古屋方面への...
〔 2010-10-10 09:23:47   〕
「旧中埜家住宅(桐華学園)」は国指定重要文化財で、優雅なドイツの山荘風の建物。半田の富豪・中埜半六が明治44年に建てた「...
参考リンク:旧中埜家住宅
〔 2010-10-10 08:44:31   〕
「半田赤レンガ建物」は半田市の象徴の1つ。かつてここに「カブトビールのビール工場があり、建物を設計したのは、横浜の赤レン...
参考リンク:半田赤レンガ建物
〔 2010-10-10 08:27:23   〕
四季折々に綺麗な花が咲きます。春のボタンは品種も数もとても多く特に綺麗です。...
〔 2009-05-15 02:02:53   〕
▲このページの先頭に戻る